読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

埼玉県農業大学校 SWPP/埼農大WEBプロモーションプロジェクト公式ブログ

SWPPとは、埼農大WEBプロモーションプロジェクト略であり埼玉県農業大学校の学生が運営しているグループです。メンバーが日々感じている事やイベントなどの出来事を随時発信していきます!

防除のすゝめ

SWPPの中尾です。

私たちが所属している学科は慣行農業である為、農薬や化学肥料を使用します。

昔の感覚ですと農薬=害というイメージが強いですが、私が農業大学校に入ってそのイメージはだいぶ変わりました。

埼玉県農業大学校の短期野菜専攻は様々な人生を歩んだ学生が集まった、言わば埼玉のるつぼなのですが、当然今までは消費者であり、農薬については非常に過敏になっていました。

 

例えば、ぶどうやきゅうりにつくブルーム。

f:id:swpp28:20160925210823j:plain

指で触るとなんとなく落ちるし農薬が乾いた物なのではないかと思うのですが、これはタダの生理現象であって農薬はまったく関係ありません。恐らく有機農法でも起こるのだと思います。

 

農薬には使用回数や収穫前に使用できる日数が決まっています。

近年の農業(特に我々の様な学生)はこの決まりを厳密に守って使用している為、薬害というものはほぼ起きないと私たちは考えています。

 

農業従事者の方は知っておられると思いますが、農薬にはマージンが有ります。

大体は10a辺り100~300Lなのですが、100L散布しても300L散布しても薬害が出ない様になっているのです。

収穫前日数をしっかりと守れば植物自体が分解し、蒸散する様な仕組みになっているのです。

 

農業は非常に閉鎖的で消費者の方と生産者に隔たりが有る様に感じます。

ですが、私たちが食べる物は生産者も消費者も変わりません。

 

私事で恐縮ではございますが、今このブログを書いている最中に仲間の出産の吉報を受け、嬉しい言葉を眺めがら、これからを担う子供達が安心して食べられる野菜を作る事が私たちの使命であり、生産出来る喜びや責任を忘れない様に頑張っていこうと考えました。

広告を非表示にする